ショップ情報
ワイルドジャーニー
〒907-1541
沖縄県八重山郡竹富町上原397-1
代表 高野 太介
TEL/FAX 0980-85-7880
営業時間 8:00〜20:00
不定休
waku_ue
トップページ > 服装・持ち物について

当日のツアーでの服装・持ち物についてご確認ください

ワイルドジャーニー 服装・持ち物について


ツアーをご予約される皆様へ

服装、持ち物についての説明です。
ツアー当日までの流れや、注意事項、キャンセルについてこちらから。
ご来島の際はこちらのページをご一読いただき、プリントアウトしていただくか、メモをして 当日までお持ち下さい。プリントされる場合はこちらから。

服装、持ち物について

◯服装
カヤック(カヌー)ツアーは水辺でのアクティビティですので乗り降りする際は膝のあたりまで濡れてしまいます。また、カヤックに乗っている時におしりが濡れることが多いので、あらかじめ中に水着を着用して来て下さい。
トレッキングツアーでも途中に川を渡ったり、水辺に入って移動することがあります。濡れたり、汚れてもかまわない動きやすい服装でご参加下さい。
暑い日は海や滝壺などで泳ぐことができます。泳ぐ予定の方は中に水着を着用して来て下さい。
晴れた日は日差しが強烈なので、日焼け止めを何度か塗るなど日焼け対策に気をつけてください。肌が弱く、虫やかぶれが気になる方は薄手の長袖長ズボンの着用をお勧めします。ジーンズ等の綿製品は濡れると乾きにくく重たくなってしまうので、ポリエステル等の速乾タイプの物がお勧めです。シュノーケリングの際も日焼け防止に水着の上にラッシュガードか、速乾タイプのTシャツ等の着用をお勧めします。

夏季(6月中旬〜9月)
比較的安定している季節なので、半袖と半ズボンでOKですが、日焼け対策は忘れずに。怪我や日焼け、虫さされやかぶれが気になる方は乾きやすい薄手の長袖長ズボンの着用をお勧めします。

冬季(12月〜2月)
冬型の気圧配置になると南国西表でも寒い日が多いです。長袖長ズボンが必須です。フリースやトレーナー、パーカー等があると便利かもしれません。曇りがちで雨の日も多いので、小雨の中ツアーを行う場合はカッパ等の雨具も必要になります。この季節に来られる方はカッパを持って来られたほうが良いでしょう。

その他の季節(3月〜5月、10月〜11月)
北風が吹くと肌寒く、晴れた日は汗ばむこともあり、その日の天候により差があります。長袖長ズボンを基本に、その日の天候によって半袖、長袖、雨具等を組み合わせると良いでしょう。

下記表に月ごとの最高気温と最低気温の平均値を表にしましたので、服装のコーディネートの参考にして下さい。

過去30年間(1981~2010年)の月ごとの平均値
  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温 20.4 21.4 22.8 25.1 28.3 30.2 32.1 31.1 30.1 27.6 25.0 22.1
最低気温 16.3 16.7 17.6 20.1 22.7 25.1 26.5 25.8 24.8 23.0 20.5 17.7
海水温 23 22 23 24 27 28 29 29 28 27 26 24
※あくまでも平均値なので、日によってかなり温度差があり、1月〜2月の寒い日は10℃を下回る日もあったり、夏の暑い日は35℃近い日も稀にあります。

☆過去の記録☆
日最高気温 35.2℃ (2010年 7月14日)
日最低気温  6.7℃ (1963年 1月23日)

back


◯シューズ
シューズは西表島のフィールドに合った専用のブーツを無料でレンタルしております。
トレッキングのツアーでは岩や石がたいへん滑りやすくなっており、トレッキング用のシューズやマリンシューズであってもゴムのソールの靴では非常に危険です。
こちらで用意している、底がフェルト状になった特殊なブーツをできるだけご利用下さい。(サイズ18〜30cm)
ツアー当日はビーチサンダルを持参して来ていただけると、靴の履き替えが楽です。
サガリバナツアーではサンダルのような濡れてもOKな物を履いてきて下さい。トレッキングはないので、そのままツアーを行います。

◯タオル
汗拭き程度のタオルがあると良いです。夏場は服が濡れても早く乾くので大きなタオルはなくてもOKです。

◯カメラ、携帯電話等
防水仕様ではないカメラ、携帯電話をお持ちになる場合は、こちらで無料レンタルしている防水バックに入れて、使用の際は取り出して、お客様の自己管理の下、十分注意してご使用下さい。
ツアー中の紛失・破損・故障については、当ショップでは責任を負いかねますので、ご了承ください。

◯貴重品、着替え等
ツアー中は車に鍵をして出発するので、ツアーに必要のないものは全て車に置いて行きます。ツアー中は着替える場所も無いので着替えも車に置いていったほうが良いでしょう。
貴重品も車に置いておけますが、置いておくのが心配な場合は、防水バックに入れご自身で管理をお願いします。
ツアー中の紛失・破損・故障については、当ショップでは責任を負いかねますので、ご了承ください。

◯飲み物
お一人ずつ500mlのペットボトルのミネラルウォーターをお渡ししております。
夏場で暑い日は1〜2Lくらい、冬場で500〜1Lくらい必要な時があります。暑い日は予備の飲み物もこちらでジャグにお茶を入れてご用意致しますが、限りがございますので、たくさん飲む方は各自予備の飲み物をご持参して下さい。

◯帽子

頭の保護や、日焼け対策に帽子をお持ち下さい。

◯日焼け止め、サングラス
西表の日差しは強烈なので、日焼け止めお持ち下さい。ツアー中は1度だけではなく、何度か塗りなおしたほうが良いでしょう。

◯必要に応じて

ティッシュ、手袋(軍手)、タバコ&携帯灰皿、虫除けスプレー等
ツアー中はフィールドにトイレがありませんので隠れてすることになりますが、紙等も捨てられないので、ティッシュビニール袋をご用意いただくと安心です。軍手はこちらでも用意ておりますが、ご自分の使い慣れたアウトドア用グローブ等があればお持ち下さい。タバコは休憩中であれば吸うことができます。お吸いになられる方は必ず携帯灰皿をご持参下さい。

◯雨具

南国西表でも、雨にあたり続けるとかなり寒くなります。こちらで、カッパのレンタルもありますが、サイズが少なくお貸しできない場合がございますので、お持ちの方はご持参下さい。

◯無料レンタル品
ワイルドジャーニーのツアーでは、西表の自然に適した装備で、安全面を考慮し、快適にツアーを行えるようにレンタル装備品はすべて無料でお貸ししております。
お気軽にツアーに参加していただけるようにブーツライフジャケット防水バッグリュックマスクシュノーケルフィン等、ガイドが選び抜いた使い勝手の良い道具をご用意しております。

back

title03
レンタル装備品

ワイルドジャーニーのツアーでは、西表の自然に適した装備で、安全面を考慮し、快適にツアーを行えるようにレンタル装備品はすべて無料でお貸ししております。
お気軽にツアーに参加していただけるようにブーツ・ライフジャケット・防水バッグ・リュック・軍手・雨具(数に限り有り)・マスク・シュノーケル・フィン等、ガイドが選び抜いた使い勝手の良い道具をご用意しております。

トップページ > 服装・持ち物について
waku_sita